スポンサードリンク

USPマーケティング=あなた独自の売りがありますか?

USPマーケティング=あなた独自の売りがありますか? 著 者: 大阪のおばちゃんアフィリエイターすいかのたね
今日のテーマは「USPマーケティング」です。


アフィリエイトを始めて1年ほどしか経ってないアフィリエイターが
何ゆうとんねん?

そう思われても仕方のないくらい奥の深いテーマです。

USPって何やねん?

マーケティングのコンセプトをわかりやすくまとめたものですね。

それはキャッチコピーのことでしょ?


いいえ。違うんです。

USPは
「提案」でなくちゃいけないんです。
具体的に「この商品を使う事でこういう利益を得られる」という
強い提案です。
そしてその提案は「独自」のものでなくちゃいけない。


よく例として挙げられるUSPとして、
ドミノピザの「30分以内に届かなかったら無料」というのがあります。

最初にこの言葉を聞いたとき「うそぉ?」と思うくらい衝撃的でした。


これでUSPがどういうものなのかってことが理解してもらえたと思います。

私はアフィリエイターであって、インフォプレナーではありません。
なので「独自の商品」は持っていません。

ですが、あらゆる商材を販売することは可能です。
その販売をするときに必要なのがUSPなんです。


同じ商材をたくさんの人が販売します。
ユーザーにしてみれば誰から買うのか、選択は自由です。

アフィリエイターがすべきことは
エンドユーザーにとって、具体的にかつ独自の強い提案をすること。

USPの目的は
エンドユーザーにアクションを起こさせるためのものです。

常にエンドユーザーの視点を忘れず、マーケティングのコンセプトに忠実な
USPをつくり、それをコピーに含める。

言葉で書くと簡単ですが、実際これを極めるのは難しいかもしれませんね。
アーティクルリソース: http://www.infomake.org/

スポンサードリンク

コメント / トラックバック1件

  1. Buffee より:

    I'm out of lgaeue here. Too much brain power on display!