スポンサードリンク

セールスマンvsセールスコピー

セールスマンvsセールスコピー 著 者: 荒井一浩

どっちが勝つと思いますか?


■セールスマンとは

その前にセールスマンとセールスコピーの違いから話していきましょう。

まずはセールスマン。

セールスコピーとの違いは、「人」か「文章」か。


つまりセールスマンは人の力を使って、お客さんに商品を販売したり、説明するのが仕事です。


言わなくても分かるって?

確かに・・・でもこういう根っこの部分をしっかりお互いに認識していないと、どんどんズレが発生するおそれがありますからね。


さて、話を戻してセールスマンと聞くと、

・ノルマが課せられるツライ仕事
・セールストークが上手じゃないとイケナイ
・お客さんに嫌われる

など、どちらかというと貧乏くじ的に見られているのがほとんどです。


でも、どんなビジネスでも最終的には人が介していること。

たとえばコンビニの店員さんも実はセールスマン。


お客さんに商品を販売して、お金をもらう。

こう考えるとほとんどの飲食店、本屋、スーパーなど商品とお金を交換するところにセールスマンが必ずいるんです。

なので、本来セールスマンは1番優遇されていいハズなのに、どちらかというと下に見られている。

そういう現状があるんです。


■セールスコピーとは

人と変わってこちらは文章です。

その名のとおり文章で商品を売るためのモノです。


実は、映像、紙、インターネットに関わらず広告すべてはセールスコピー。

日本中にあるセールスコピーの数はセールスマン、いや日本人の総人口をはるかに超えています。

これはウソじゃない。


だって、あなたがインターネットをしているときに、あなた1人に対して一体いくつの広告を見かけるか・・・

テレビだって番組と番組の間に流れるCMの数を考えれば・・・

新聞、雑誌、駅のホームにある看板・・・

こう考えると広告やセールスコピーだらけの中に住んでいると書いてマチガイないでしょう。

セールスコピーは、1度出せばセールスマンと違って時間の制約がありません。

チラシだったらそれを数万枚配れば、あっという間に紙のセールスマンのコピーができてしまいます。


ただし、ラクにできる一方、みんな同じセールス文になってしまう傾向にあるので、埋もれてしまうおそれも。

もし、あなたが1日に1個しかセールスコピーや広告を見なければ、埋もれることはまずない。

ところが、石を投げれば・・・じゃないですけど、広告がアチコチにあるのが現状なんです。


■勝敗はどっち?

もしかしたら、すっかり忘れてしまったかもしれませんね。

あなたの答えは出ましたか?


セールスマンが勝つのかセールスコピーが勝つのか。


ちなみに私の答えはこう。


「勝負してはイケナイ」


どっちが勝つかと書いておきながら・・・と思ったかもしれませんけど、実はこれなんじゃないかと。

もし、


セールスマンの代わりに、セールスコピーがセールスの手伝いをしてくれたら・・・

セールスコピーを読んで、セールスマンに問い合わせをするようにできたら・・・


こう考えるとどうでしょうか?

うまく両方を組み合わせれば、かなりビジネスがスムーズにいくのが分かるハズです。

だから、勝負してはイケナイというのが答え。


しかし・・・

残念ながらそれらのスキルを十分に生かせないまま、本来の力が発揮できない現状。


そして今、私のやっていることはコピーライティング。

それを書いてセールスの手伝いができたら・・・といろいろやっているワケです。


「混ぜるなキケン」ではなく「混ぜるとOK」


そういうのが世の中にはいっぱいあるハズ。

あなたの身の回りで「混ぜるとOK」なモノは見つかりましたか?

———-
メールマガジン:ダイレクトレスポンスマーケティング
発行責任者:荒井一浩
ホームページアドレス: http://directresponsemarketing.jp/
メールアドレス:info○○directresponsemarketing.jp(○○を@に置き換えてください)
アーティクルリソース: http://www.infomake.org/

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。